LOG IN

昔の自分が見る夢の先と、今の自分が見る夢の先

by 槻 ゆうき

 高校二年生の時分、両親と今後の進路について話し合う時間があった。

 その時に初めて、自分の夢を両親に告げた。

 まるで現実味のないその夢に、両親は表には出さずとも困惑していた。

 どうして応援してくれないんだ。

 夢を持っちゃいけないのか。

 どうせ無理だと思っているんだろ。

 そんなことを、当時は強く思った。

 大学を卒業して、上京した。

 それから必死になって、夢を追いかけた。

 その当時は、こんなんじゃ駄目だ、と自分に不満を言ってばかりだったが、それでも今振り返れば相当にすごい努力をしていたと思う。

 努力をする中で、心の中に生まれた言葉は、自分には無理なんだ、というものだった。

 きっとそれは、その夢を手にした時からずっとあったものだった。

 悩んで、悩んで、胃潰瘍になり、生え際が後退してもなお夢を追いかけ続けた。

 ほとんどが意地だった。

 けれど、どんな時でも、いつなんどきでも、必ず心の中にあったのは「夢が叶った時の自分の姿」だった。

 結局自分は、夢を叶えることができなかった。

 そこから就職をして、今に至る。

 休日はあっという間に過ぎ、金曜日を目指して耐えるだけの日々が繰り返される。

 夢を追いかけていた日々は過去になり、霧のように薄れていった。大嫌いだった「儚い」という言葉の意味は、こういうことだったのかと実感した。

 それでもお金は貯まり、不安はなくなり、買いたいものを買えるようになり、安定を手にした。

 素直に、そこに幸せを感じられた。

 正しさ、というものが、そこにはあった。

 だけど、満たされなかった。

 どれだけその幸せを注ぎ込んでも、空いてしまった穴から流れ出ていくのを感じた。

 挙げ句、その幸せを偽りとまで感じるようになった。

 ただただ過ぎていくだけの日々に怯え、時計を見ることすら怖くなった。

 空いてしまった穴は、どうすれば塞がるのか。

 呆れることに自分は、夢の続きを望んでいた。

 夢は現実の対義語ではない。

 夢は、現実の中にある。

 そしてその現実は、どうしようもないほど思い通りにならない。

 言葉にするとさらに切ないが、現実の大半は、お金でできている。

 そのとても大切なことを身を以て知った今の自分が、また夢を持ちたいと思っている。

 なんの保証もない道の上を歩きたいと思っている。

 当然、足は動かない。

 一歩目を踏み出せない。

 どうしたって不安が顔を出してくる。

 そして、最近になって気がついたことがある。

 今の自分が、「夢が叶った時の自分の姿」を想像できていないことだ。

 夢の続きを望んでいるのにもかかわらず、その姿をまったく想像していない。

 今、心の中にあるのは、「夢が叶わなかった時の自分の姿」だけだった。

 これは、悲しいことだろうか。

 それとも、仕方のないことだろうか。

 昔の自分が見る夢の先と、今の自分が見る夢の先。

 見ている方向は同じなはずなのにと、そんなことを思った。

 

OTHER SNAPS